私たちはクリプト市場で、まず何よりも、最も公正で率直、安全、分散された信頼できるマスターコインを目指しています。私たちは特にアニメコミュニティに特化し、ワクワクするような特長で新しいANIMコインのためのすぐに使えるユースケースを創り出しています。このユースケースは、ANIMコインのために、分散的交換でトレードできるブロックチェーンにあって、「おそらくレアな」アニメ関連のデジタルイメージを発行する能力があります。 これら全てを短期間で可能にするものは、ANIMが修正されたミームのコードベースとして始まるからです。.

ANIMを作るために使うコードのほとんどを生み出してくれた、素晴らしいミームの開発チームとコミュニティに感謝の意を表して、 ミーム所有者に配られる初期のANIMコインの30%を配ります。提案されたフォークスナップショットの日付は、現在2018年2月1日になっています。

重要なことは、公正で率直な初期のコイン配布を約束するために以下の基準が取られています。 私たちは、クリプト通貨に基づいて、長期間の成功と、仕事の成果を分散することが必不可欠であると信じています。:

  • 1) ゼロ プレマイン:ディベロッパーは他の皆と全く同じ時間にマインし始めます。日付は事前に公に発表されます。(暫定的にコインの配布日はスナップショットのすぐ後).
  • 2) ゼロ ディベロップメント/自己資金: ANIMの開発と宣伝は、コミュニティとディベロッパーグループの、100%ボランティアを基本として資金供給されています。
  • 3) 初期コインの100%は、既存のANI(プレマインなしで公平に配布された)所有者とミームの所有者にに配布されます。彼らのコードベースの使用に対するお返しとして、そしてANIMへ成果を調整するために。
  • この時点でよくある質問は、「死んだコインのフォークがなぜ?一から新しいコインを作ったらどうか?」

    フォークルートに向かう理由はいくつかありますが、主なものとしては、

  • A) フォークスナップショットの日付前の今は、開かれた市場で、誰でもANIやミームを自由に買うことができて、ANIMを受け取ることができるため、公平な方法だからです。
  • B) 大きな塊のコイン(ANIMの最大供給量の35%)をクリプトの世界に「長い間」(2014年から!)関わってきたアニメクリプトファンの手に渡す。
  • C)大きな塊のコイン(ANIMの最大供給量の15%)を、ANIMが立てられた土台となるミームコインプロジェクト所有者とディベロッパーの手に渡す。ANIMをミーム所有者に渡す理由は、2つあります。ミームコミュニティの興味とANIMのゴールを合わせることと、両方のプロジェクトでの相互作用でコードやアイディアから将来、利点がある可能性。ミーム所有者がANIM所有者でもある場合に、それはもっと簡単になります。

以下の基準が決められています。 安全スキャムのない マイナーとマスターノードのANIMネットワークのための報酬構約束されています。

  1. ANIMコイン排出のスケジュールはビットコインの最大21mmコインが存在するようなものです。.
  2. ANIMは 最大コイン数の50%の初期コインもしくは1050万配布でスタートします。これはビットコイン2011年の12月14日時点と類似しています。(Source: https://en.bitcoin.it/wiki/Controlled_supply)
  3. マインブロックの報酬のうち、通常40%から50%使い、コインのブロックチェーン保証費用としてマスターノード所有者に渡す既存のマスターノードコインと違って、ANIMはマスターノードの所有者に5%だけブロック報酬を渡します。
  4. 自己資金やディベロップメント資金がないので、残りの95%のブロック報酬はマイナーに渡ります。そうあるべきことで、彼らが作業することでネットワークを安全なものにしているからです。 (電力). 本当に安全なクリプト通貨であるためには、現在知られている唯一保証されている方法です!ブロック報酬のマスターノード5%を渡すことでわずかでもセキュリティが犠牲となることは、マイナーが非経済的な行動の部分がオフセットになります。なぜなら彼らはANIMのゴールを支援しているからです。
  5. 新しいANIMの所有者に報酬を与えるために、それはANIMプロジェクトで新しくてワクワクするとうな機能性を与えることで、ネットワークは新しくマインされたANIMの分配以外に他の方法で相殺します。マスターノード(運営するには少なくともANIMで1ビットコイン要求される)はANIMネットワークで、ユニークで分割できないブロックチェーン資産(ワイフ資産と呼ばれる)を発行する特別な権限がある。他のANIMブロックチェーン資産は最低10、最高1万を要求します。

    さらに、ワイフ資産は与えられたキャラクターがオリジナルでユニークであることが要求され、分散された方法で( 他のマスターノードの同意を通じて)ANIMマスターノードの所有者に率直で公正に「早いもの順」を基本に割り振られます。

  6. 暗号法の探索攻撃には理論的に脆弱であるミーム(DASHに似ているX11)で使われるハッシュ機能の代わりに、ANIMは同じ同業者の評価を使い、EquihashアルゴリズムをZ-Cashとして保証します。


以下の部分はANIMの初期配布の背景にある数学の概要です。

最初に、既存のANIコインの流れを見ます。

(出典: https://bitcointalk.org/index.php?topic=749541)

ビットコイントークでのANIの告知ページから:
From ANI Announcement Page on bitcointalk:
告知ページによると計画されたANI配布スケジュールは:

これを全て一緒にする:

イラストの例:

アキラが保有していると仮定する8,500,000 ANIは彼が2014年にマインしたか購入したもので、2018年6月30日にそのANIコインを保有している。そうするとアキラが受け取るのは、:

4517143
X
=


ぺピナがミームマスターノードに使うために、2017年12月に購入した15,000 ミームを2018年2月1日に保有しているとすると、ぺピナが受け取るのは:

1
X
=


さらなるロードマップ:

上記のとおり、新しいANIMはアニメファンのコミュニティに特にアピールできる様々な特徴を持っています。

ANIMネットワークのユーザーは(スパムの防止対策としてANIMで支払われた料金のため)ANIMブロックチェーンで名前のついた画像資産を発行することができるでしょう。ユーザーは、10メガバイト以下で、およそ四角形の.JPGもしくは.PNG画像を資産として指定することができるでしょう。資産を登録するのに必要なANIの数は、大きな10メガバイトの画像ファイルが最大料金で、イメージファイルで使用されているバイト数に比例します。ユーザーは分かりやすく、心地よいウェブインターフェイス、資産の詳細を使って指定できるでしょう。:

    資産の名前は、例えば、Faye_Valentine_≤3 (スペースなしでユニコード20字以内に制限されている
  1. 資産の量は9よりも大きい数字で、999,999よりも小さい)

前回の例に出てきたアキラが特定のFaye_Valentine_<3 資産を、次の画像を使って発行したいと仮定する。画像は883キロバイトのPNG画像:

彼はメタデータ(資産名と量)と画像ファイルへのリンクを指定するために、開発されるANIMのウェブウォレットを使う。その画像ファイルは、ANIMが死んだリンクや画像がなくなるようなことで困らないように、分散されて信用できる方法で保管されます。
これはIPFSの使用により達成され、マスターノードによりホストされます。:https://ipfs.io/

アキラは資産を登録するために料金を支払わなければならない。値段が画像サイズの1キロバイトごとに1 ANIMごとだとすると、アキラはFaye_Valentine_ <3 資産を登録するために883ANIM支払わなければならない。彼はこの資産をANIMウェブウォレットもしくはペーパーウォレットに保管することができます。(ANIMのウェブサイトウォレット内に、カッコいいアニメをテーマとしたペーパーウォレットを作り出すサポートをします詳しくはhttps://walletgenerator.net/?currency=Animecoin ).

料金のリストは特別なANIMアドレスに送られて、1万ANIMブロックごとに、このアドレスのANIMコインの半分がANIMマスターノードの所有者の間で分配されます。そして残りの半分は開発と宣伝のための共有資金になります。

私たちの例を続けると、アキラは彼の資産の量を指定するだろう。この場合、彼がFaye_Valentine_を1000作ったとする。 <3.

これがかなりカッコいいところ。アキラは彼の Faye_Valentine_をリストできる。 <3 分散されたANIMの資産が変わる!

でもどんなANIM資産でも交換にリストできるわけではない。資産のリストには厳しい条件があります。

それぞれのユニークな画像(そしてこれは同じ画像の異なる解像度もしくは少し違うもののコピーをを含む)はたった1つリストされたANIM資産のリストにのみ使用できます。 似たようなアルゴリズムの標準画像を使ってこれは自動的に行われます。 (例えば、こちらhttp://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0923596503001541 もしくはhttp://ieeexplore.ieee.org/abstract/document/8120017/?reload=true ) それはそれぞれに提出された画像ファイルをANIMブロックチェーンにある資産ですでに使われているデジタル指紋と比べます。(このデータベース自体はANIMブロックチェーンに保管されますシステムを頑強にして分散し、信用できるものにする)

この似たようなアルゴリズムの画像はコンピューター的に集約していてANIMマスターノードによってのみ行われます。そしてマインのブロック報酬を5%取ることを正当化するためにANIMネットワークに供給する主要なサービスの1つです。ネットワークが分散されたANIM交換(これが似ているのはkekdaq.com ミームプロジェクトの中、もしくはrarepepewallet.com そして counterwallet.io)リストアップされることを許可するかどうか、新しく要求された画像を有効にするために、全てのマスターノードの中から、10個がランダムに選ばれます。(最新のANIMブロックからハッシュを取り出すことでランダムなシード値を使うこと) もう一度言いますが、画像は、リストされた資産のためにすでに使用されているコピー(もしくはよく似ている)ではない場合に有効です。

来週、別のユーザーであるガツが同じキャラクターの異なる画像を使ってリストされた資産を発行することもできます。

しかし、ガツは彼の資産のために異なる名前を 選ばなければなりません。なぜなら、ANIM資産の名前はユニークだからです。例えば、ガツは彼の資産を「❤Faye❤」 (空白文字のユニコード字も使うことができる).

例に戻ると、ランダムに選ばれた10のマスターノードのうち7以上が画像が有効であると同意した場合、信用されるものとして、他のANIMユーザーとの交換に認められます!アキラは彼の1000あるFaye_Valentine_に好きな値段をつけることができます。 <3 資産;彼は高値をつけることができます(例えば、5万ANIM)。でも買い手を引き付けるのに苦労するかもしれません。もしくは低値をつけることもできます。50ANIMというように。(最低限の値段はスパム対策として1ANIM、最大価格はない)その場合、75あるFaye_Valentine_をすぐに売るかもしれません。<3資産、後で高値をつける925残す。決めるのは彼次第!利益を最大限にするか、できる限り広く彼の資産を分配しようとすることができます。

このように、ANIMネットワークとブロックチェーンは、bittrex.com

のように信用のある第三者を条件としないANIMコインのために他の人と交換できる本物のレアなアニメ資産を作り出すことを可能にします。

でも交換のリストにある「通常の」ANIM資産はレアなだけで、それはそれぞれに少なくとも10の量があるからです。

真にユニークで、唯一無二の資産(「ワイフ資産」と呼ばれる)を作るために、ユーザーはANIMマスターノードを運営しなければなりません。


マスターノード:

ANIMマスターノードを運営するために、ユーザーは、ある一定のANIMコインを1回の取引で自分のANIMウォレットにあるアドレスに送る必要があります。

要求されるANIM数はマスターノードの数が多すぎないようにある程度高くないといけません。ネットワークをまわしていくためには、一定のマスターノードが必要ですが、この数は1万というよりも200マスターノードに近い数です。(ANIMがマインハッシュ力が必要なのは、それが通貨を安全で必要不可欠なものだからです!).

要求されるANIMの数は次の方法で設定されます。

ANIMが配布されるフォーク日に従って、クリプトピア/ビットレックス(どちらでも早いほう)にあるANIMリスト1か月以内で、BTC用語で出来高加重平均価格を割り出します。それはBTC用語(例えば、0.00056 BTC)でのANIM取引交換をその値段で1k月間に取引されトータル%でかける。

出来高加重平均価格(省略:VWAP)がANIMごとに0.000425 BTCあるとする。ANIMマスターノードをつくるのにVMAPでANIM1BTC必要だとします。もしくは

÷
=

他のマスターノードコインと似ていて、ユーザーは希望する分のマスターノードを運営できます。唯一の条件は運営したいそれぞれのマスターノードに必要な数のANIを所有していることです。


マスターノードはANIMネットワークで特別なパークや利点を得ることができます。

  1. 将来支払われるANIMマインブロック報酬の合計5%を彼らの間で分け合うと、ブロック報酬の5%が何であれ、アクティブなマスターノードの数で分けられます。そしてそれぞれのマスターノードはANIMマイナーに同時に支払われたブロック報酬の分のシェアを受け取ります。アクティブなANIMマスターノードだけが5%のブロック報酬に参加できることを注意してください。アクティブだとみなされるには、他のANIMマスターノードからピンするとき、マスターノードは一定の使用可能時間%を保たなければなりません。そしてマスターノードは、ランダムに選ばれて呼ばれた際に、複製画像探知の過程にも参加しなければなりません。CPUの多大な労力過程(その中で複製画像過程が主要な例)を実際には管理しないで、マスターノードが「だます」ことがないように気を付けます。彼らの反応はランダムに選ばれた他のマスターノードと比べられます。そしてそれが少数派であったら、(例えば、他の9個の画像は新しい画像が有効ではないと報告したが、1つnマスターノードだけが有効だと言う場合)反対するそのマスターノードは5%のブロック報酬を次の10回スキップされます。

  2. 特定のアニメキャラクターにつながっているユニークで唯一のANIM資産、ワイフ資産と呼ばれるものを発行する特別な力があります。それぞれのANIMマスターノードは1年間に4回ワイフ資産を発行することが許可されています。ANIMブロックの数を数えることでコードの中に実施されます。ANIMはブロック作成におよそ2分かかることから、ANIMブロックチェーンに追加されなければならないブロックの数を計算することができます。マスターノードが発行する最後のブロックはワイフ資産だからです。

ワイフ保証の日: 91.31

ブロック作成時間の平均(分): 2.0

1日に発行されるANIMブロック: 720

ワイフ保証の間に要求されるブロック: 65,750

ワイフ資産はマスターノードによって作成された後、自動的に交換のリストに掲載されますが、作成プロセスは通常のANIM資産よりも厳しくなっています。

新しいワイフ資産が与えられた画像ファイルと共に作成される許可の前に、他のマスターノード全てに、要求されたワイフが許可されるかどうかの投票のため、1000ANIMブロック期間を与えられます。人間の関与を必要としない完全自動のアルゴリズムを使って取り締まる、複製や似たような画像に対する規制と違って、ワイフのルールは独自のアニメキャラクター1つに対して1つだけワイフが許されます。フェイ・ヴァレンタインのキャラクター画像はアーティストやスタイル、衣装などによって異なってくるので、この部分は実施するのに異なる段階を要する。そのため、他のマスターノードによる多数決によって決められます。

ワイフがANIMのウェブウォレットを使って、独自のキャラクターを指定しなけらばならないとすると、そのキャラクターに関するURLをwww.animecharacterdatabase上で提供し、正確なキャラクターを指定することが要求されます

アキラがフェイがだいすきで彼女のワイフを作りたいします。他のマスターノードがフェイを選択していなくて、アキラが最後にワイフを発行してから必要となるANIMブロックの数が経過している場合、アキラは彼のウェブウォレットに次のリンクをワイフ形式で張り付けます。

https://www.animecharactersdatabase.com/characters.php?id=16238

他のマスターノードは使用されたワイフキャラクターのURL(ANIMブロックチェーンに保管される)のデータベースを確認して、もしフェイのURLが使用されたURLのリストに現れなかったら、アキラは彼のフェイ ワイフを自由に発行できます。そしてフェイURLは別のフェイを他の人が登録しないようにリストに追加されます。

ワイフ名はanimecharactersdatabase.comのサイトの名前とマッチするように要求されます。(でもスペースは"_"という文字に代えられる)そしてそのような名前は全て、ネットワークのスタート時にワイフに予約されます。ユーザーが通常のワイフでないANI資産を作り、Faye_Valentineと名付ける「サイバー・スクワッティング」を予防するものです。ANIM資産の名前の独自性が要求されることから、ワイフ名と衝突が生じ、混乱になります。

この点は一体何なのでしょう?ワイフ資産のみをユニークであると許可することで、ANIMネットワークは真の希少性を生み出します。もしアキラがフェイの大ファンだったら、彼はもしそれを購入するのにたくさんのANIMが必要だとしても、フェイ ワイフを所有したいでしょう!その代わりに、アキラはまだ誰もフェイ ワイフを登録していないと知って、ワイフを自分で発行できるように、ANIMマスターノードを急いで設定するでしょう。

マスターノードを作るのにたくさんのANIMが必要なことから、これはANIMへのデマンドを作りだします。 アニメファンはお気に入りのキャラクターにどれだけ所有欲が強いかみんな知っていますね!

でももしANIMがよく売れて、成功したら、アキラがフェイ ワイフを発行するできるように、マスターノードを作るのに必要なANIMを購入するのに費やしたお金は素晴らしい投資になるかもしれません。なぜか?ガツはANIMについてアキラの半年後に知ったとします。そしてガツだけがフェイの大ファンというわけではありません。でもガツはお金持ちでもあります。(2010年に彼はBTCを買ったとする!)そうすると、ガツはアキラのフェイ ワイフを25万ANIMコインで購入したいオファーします。アキラはお金は関係なくて、彼のフェイ ワイフを失いたくないと決めるか、お金をANIMコインで受け取ってフェイ ワイフをガツに売るか決めることができます。

ガツはフェイ ワイフを購入するためにマスターノードを運営する必要がないことを注意してください。彼はただワイフを最初に発行するためにマスターノードが必要なだけです。ガツはアキラからフェイ ワイフを実際購入するとして、この取引はANIMブロックチェーン(分散された交換で取引された全てのANIM資産と同じように)に記録されます。フェイ ワイフがガツのANIMウォレットに安全に保管されて、有効であると一定のノードによって確認されたら、ガツはフェイの別の画像を提出することもできます。この画像は1000のブロック期間で少なくとも他の50以上のANIMマスターノードに承認される必要があります。この理由はユーザーが悪意からフェイ ワイフ資産の画像ファイルをまんじやポルノのように何か攻撃的なものにで変更しようとする、トロールを防止するためです。

このANIM資産の収集可能性がプロジェクトを興味深く、特別なものにしています。分散されたブロックチェーンの力だけが、ゲームや操作されることなく、そのような希少なものを公正で率直な方法で作りだすことができます。

現在の芸術世界で、300年以上も前の芸術家による絵に多額のお金が費やされる一方で、飢えに苦しんでいる若い芸術家がいる状況を避けるために、ANIMの開発者は、無料のANIMで申請した若い芸術家を支援するために、分散された非営利の資金(「ファンデーション」)を始めます。ANIMコミュニティ自体はこれらのコインを誰が受け取るべきか投票することができます。100以上のANIMコインを単一のアドレスに保有している人なら誰でも1回投票することができます。このファンデーションはそもそもボランティアの貢献によって資金提供される一方で、ANIMの分散された交換上(注意:これはワイフ資産にのみ適応されます。通常のANIM資産には適応されません)で、どのワイフ資産からの売り上げも25%が自動的にファンデーション資金にいきます。これは原則的に多くのワイフをコントロールしようとする将来の「ANIMホエール」に対する税金です。最近売れたレオナルド作品(4億5千万ドルで売れた記録)の売り手に、25%を若い芸術家に渡すことを強制することはアナログでしょう。これはコミュニティを長期間支援するには弱い方法だと考えます。一番はコインのブロックチェーン保証の費用からこの支援が来ていないことです。資金やファンデーションを導入していないほとんどのコインと違って、ANIMをもっとマイナーに魅了するであろうファンデーションのコインはマイナーから転用されていないため、ANIMネットワークのセキュリティを強くします。

できるだけ早くANIMワイフを手に入れようと急ぐことは、ANIMプロジェクトで興味を自力で引っ張り上げる力強い方法になる可能性があると予想しています。でも、ANIMコインが価値の基準に達すると、例えば、ANIMの時価総額が1億ドルを超えた時、ANIMコインが完全なるプリプト通貨となりえない理由はありません。もちろん、ANIM資産の取引や発行の機能を持っていますが、おそらく希少で、かなりマインされたビットコインをそれほど価値のあるものにしたのと同じ特徴を持ったパウ暗号通貨でもあります。

それはつまり、ANIMはいずれそのアニメに関連したプロジェクトと他のことに使われるもとから、例えば、分散された交換上で取引できるおそらく希少なデジタルアートの包括的なクリプト通貨から脱却します。もっと奇妙なことが起こりました。マジック・ザ・ギャザリングのウェブサイトとして始まったマウントゴックスを思い出してください!

この提案はドラフトで、コミュニティからのフィードバックが望まれます!公ディスコ―ドチャンネルに参加して、考えを聞かせてください。https://discord.gg/PyGVpQH